Fragrance web Magazine

|セントペディア

Scentpedia

COLUMN

香りを知るN°6
正直わからない、オリエンタルな香りって?

2017.08.01

Scentpedia編集部
オリエンタルな香りって?

香水を知っていくと、「オリエンタルな香り」という表現がされることがあるのですが、オリエンタル系のフレグランスと言われて、東洋のイメージを持つままで、実際にどのような香りがするのか、わからない方は多いのではないでしょうか。

今回はそんな方たちの為に、まずオリエンタルとはどこの地方のことを言うのか、どんな香りのことをオリエンタルな香りというのかについてお話したいと思います。

オリエンタルノートの構成

まず、オリエンタルという言葉は、ヨーロッパからみた東の国々「オリエント地方」を指していて、具体的に、エジプトを中心とする地方、アラブやトルコなどが含まれます。そのミステリアスなオリエント地方のイメージを、香りで表現したものがオリエンタル調と呼ばれるものになります。

寺院のお香の材料としても重宝され、ウッドの香りの中でも甘く優しいサンタル(ビャクダン)の香りや、オリエンタル調に欠かせないバニラ、アンバーの香りを中心に組み立てられ、エキゾチックで、甘く、温かみを感じさせます。

シナモンやクローブ、ナツメグなどのホットなスパイスとも相性が良く、ムスクでセクシュアルな雰囲気を加えたり、桜餅の香りの正体である、クマリンの甘い香りを加えたりと、フレグランスによって組み合わせは様々です。没薬(ミルラ)の甘くウッディーでスモーキーな香りを組み合わせると、クラシカルな香りにもなります。

試してみたい、オリエンタルノートの香水

オリエンタルな香りは、セクシーかつ情熱的で、日中よりも、ドレスアップしたナイトシーンの個性を放ちたい時なんかにはぴったりです。

香水としては、ヨーロッパでも人気の高い、ゲランの、少しスパイスが効いたセミオリエンタル アロマティックの香り「ジッキー」、パウダリーでセンシュアルなオリエンタルノート「シャリマー」、オリエンタル フローラル ウッディの香り「サムサラ」などが有名です。

フローラルや、フルーティなライトな香りからシフトチェンジしたい、気分を変えて、セクシーな香りに挑戦したい。と考えている方は、是非お試しください。違った香りを試すことは、新たな自分を発見できるきっかけになるのではないでしょうか。

関連記事